クレジットカードの申請から完成まで

クレジットカードの申請から完成まで

現在在学中の学生であっても、原則18歳以上であればクレジットカードを作る事が出来ます。
大人になったからという訳ではありませんが、1枚あれば何かと役に立つので持っておいても損はありません。

クレジットカードの作り方はカード会社によって変わりますが、基本的な方法は同じです。
最初に、申込書に必要事項を明記します。
書き上がれば、それをカード会社に送ります。
その後審査を受けて通過すれば、手元にクレジットカードが届きます。
作る上で難しい作業は特にありませんが、申込書に少しでも不備があればそれだけで落とされるので間違いが無いか念入りに確認をしましょう。

申込書の欄には氏名・住所・電話番号の記入欄があるのは、容易に想像がつくと思います。
他にも職業や収入・居住年数や居住形態の欄があり、少々手間取ってしまうかもしれません。
居住年数に関してはおよそで構いません。
ただし居住形態に関しては正直に答えましょう。
賃貸住まいであれば賃貸ときっちりと記入しましょう。
職業に関しては働いていれば別ですが、もし学生だというのであれば「学生」と記入しても問題はありません。

最近ではインターネットからでも簡単に申し込みが出来ますが、どちらの方法を取るにせよ「絶対に間違いが無い様に記入する事」を心がけなければいけません。
意外と思うかもしれませんが、間違いがあったが為にクレジットカードが作れなかったという話もあるのです。
実際に申し込む際にはカード会社に提出する前に、間違いが無いかどうかを必ず確かめてからにした方が良いでしょう。
それさえきっちりとしておけば、余程の事が無い限りはクレジットカードは届きます。

学生のためのクレジットカード講座新着情報